2006年06月25日

ボストン Boston

23:15モントリオール発−−−(0:30~45アメリカ入国手続き)−−−
6:35ボストン着

アメリカ入国に、$6(アメリカドル)

夜中たたき起こされた。
連れて行かれない人もいるが、私と数人は奥の部屋に連れて行かれた。
パスポートを提示し、両人差し指の指紋を取られ、顔写真…、書類記入し、
なんとか終了。ものすごい緊迫感だった。

※入国は厳しく、食料は没収されるとうわさできいていた。
ダメ元で、持っている食料をバスの上の荷台とバックパック本体に分けてみた。
わざと夜中通過するバスを選んだのもよかったのか?検査なしで無事だった。


(宿)
ユースホステル ★★★★☆
二泊で、$55.98。
朝食(ベーグル、コーヒーなど)付きというのがいい♪
到着した日も食べることができた。


(地下鉄)
アメリカドルを持っていなくて、困っていたらおばさんから少しもらえた…。
ですが、なんと、クレジットカードで切符が買えた。


(観光)
宿で出会った初対面同士の多国籍軍団にさそわれ、市内観光に出かけた。
いろいろ歩くと、道に赤い線が引いてあるのを発見。
それがFreedom Trailだそうだが、つたって行くと市内の名所に行けてしまうスグレモノ。こんな都会のトレイルは初めてだった。


(ネット)
図書館でパスポートを提示して、書類に記入して、カードを作ったら、無料で利用できる。図書館の建物がまた、歴史ある建物でよかった。


(メジャーリーグ観戦)
Red Sox at Fenway Park
メジャーでもっとも古い球場だそうで、やはり狭い。
それゆえ、チケットを取るのは地元の人でも至難の業らしい。
ダフ屋さんから高めに買うと取れるかも。
内野席奥には立見席もある。$20 これなら早めに行けばとれるかも。
この球場ならではの珍しいレフト席があるので、興味ある方はどうぞ。$50
試合のときは、球場の周りを一周できなくなる。道の一部が封鎖されるからだ。

私の場合、なんと外野で観ることができた。$23←これで定価くらい。
大使館が自衛隊接待の為に用意したチケットがあったが、雨天中止で翌日に延期。自衛隊は帰国してしまったため、余ったチケット50枚を球場Bゲートにて大使館員が販売していた。こんなラッキーなこともあるもんだ。

Bゲートは球場公認?で定価で個人が他人に販売するところらしい。

☆選手紹介 2006.6.26☆
・David Ortiz(34,DH)は看板選手。
・Kevin Youkilis(20,FB)が打席に立ったら、”ユー”コールをしてあげて下さい。
・Manny Ramirez(24,LF)は2年前のMVP。
・Coco Lrisp(10,CF)は足が速い。
・Tim Wakefield(49,P)は先発でナックルボールを投げる。
 彼が先発のときは、そのナックルが取れるDovg Mirabell(28)が捕手を務める。
 ちなみに正捕手はバルティック・ジェイソン(33)
・Mike Timlin(50,P)は中継ぎのエース。
・Papebon(58,P)は抑えのエース。
posted by さら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国(東) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

ニューヨーク New York

11:00ボストン発−−−16:35ニューヨーク着(延着)

バスディーポは超広すぎ。しかも多数の会社のバスが入っている。
乗るときは、早めに来ないと乗り場が見つけられない。


(宿)
Chelsea International Hostel ★★★☆☆
251 West 20th Street
Tel 212-647-0010   地下鉄A 23rd street駅 南に3ブロック。

ドミトリー三泊、$84.00
(普通のユースホステルだと一泊$35以上するらしい)
中庭?にいくつかテーブルがあって、集いの場となっている。
キッチンが狭いので、作ったらすぐに外へ。
事務所は時間帯によってはとても混んでいる。
毎晩夜中まで、知り合った人たちと溜まり場でだべっていた。


(地下鉄)
1日券 $7。あまり危険は感じなかった。
同じホームに複数の色の線が停まるところもあった。が、
緑の線のCDとEは別階のホームになることがあった。Eは急行みたい。
ある線の電車を待っていたら、午後5時に終電が終わっていると言われた。
赤の線で南の方面に乗ったら、あと少しというところで急に変な方に走り出し、気づいたら、元来た方面に逆走していた。
乗るほどにミステリアスである…。


(観光)
World trade center駅を降りてすぐに、グラウンド・ゼロはある。

72st駅近くにジョン・レノンが住んでいたバガダハウスがあり、
その横からセントラルパークに入ると、地面にイマジンの碑?がある。

south?駅からタダのフェリーに乗ると、自由の女神が近くに見れる。
それで満足いかなければ、高いが、真下まで行くフェリーがあります。

タイムズスクエアは、昼と夜で感じが違う。
YOSHINOYAがあります。セットにするとコーラが付きます。フォークで食べます。


(メトロポリタン美術館)
開館時間から観ても、一日で回りきれない。
エジプトの部分は、よくこんなに持ち帰ったなとあきれる程の量だった。見ごたえあり。
黒人の学芸員?監視?のおじさんが陽気に話しかけてきた。
ピカソなどの有名画家の部分や日本の部分など、自分の優先するものを先に観て、残り時間に残り部分を通り過ぎるくらいで観るのがいいかも。
屋上の眺めはよかったです。フードコート有り。
料金所に普通の料金が書かれているが、実は自分の言い値で入ることができる!!
入場時にバッジをつけて入るが、そのバッジの色は毎日変わる。


(ネット)
図書館が18時で閉まっちゃった。入れず…。


(メジャーリーグ観戦)
New York Yankees at Yankee Studium
Yankee studium駅すぐ。ファンについて行けばたどり着ける。
外野席$12だったが、思わぬ落とし穴。かばんは持ち込み禁止のため、預かり店にて$5を払うことになる…。治安の悪い街のせいだ。
意外に球場は狭い。食べ物を食い散らかす人々…。
後で聞いたが、球場周辺は治安が悪いそうで、よく無事だったなと言われた…。
posted by さら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国(東) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

シカゴ Chicago

1:00トロント発−−−(5:30アメリカ入国手続き)−−−5:40デトロイト着
7:45デトロイト発−−−(時差 -1h)−−−14:30シカゴ着

アメリカ入国時は、運良く?職員の交代時間寸前だった。
私のパスポートチェックをした人は、偶々奥さんが日本人なので親しくしてくれた。
そして荷物チェックの人が私のバックパックの横のポケットの中を全て見ましたが、偶々レースのショーツが出てきたからか、いけないものを見てしまったという感じでしまいだして、バックパック本体内部のチェックを逃れました。

(宿)
The Arlington International Hostel ★★★☆☆
ドミトリー二泊、$56。
キッチンも食べるところも広いので、友達を作りやすい環境かも。

バスディーポの建物内の壁に宿を紹介するボードがあったので、それを見て電話して当日予約し、行き方を聞いた。
バス#8 North行きで Feillerton?まで $2。(乗り場は人にきいた)


(観光)
動物園が意外と楽しかった。
街中のモニュメントは自分がゆがんで見えて面白かった。


(ネット)
図書館で手続きすればできます。
建物もなかなかいいです。


(メジャーリーグ観戦)
White Sox at U.S. Cellular Field
地下鉄Red Line、sox 35th駅から徒歩。

街の観光案内所では、試合2時間前に行けばチケットが取れるときいたのに、行ってみたら”チケットはない”と言われた。
どこの者か知れない人には売りたくないのであろう。
嘘だと見抜いた私は、enproee入り口にて職員を待ち伏せして頼んだ。
救援投手が乗るような車に乗せられて、セキュリティーの女の人の娘さん(日本語が少し話せる)に試合が見たい旨を伝えて、なんとかチケットをゲットした。

珍しく内野席になった。$18。
最上部の席だったので、球場に入ってから何階分も上って大変だった。

トイレの表示がユニフォーム(スカート)姿の女性のシルエットで可愛かった。
地元の人はチームにとても愛着を持っているようだった。


(出会った人)
湖沿いを歩いていたら、ヨルダン人の男性4人に誘われた。
話が盛り上がってスタバでコーヒーをご馳走になったが、その中の一人に、会ったばかりなのにアイラブユーと熱く告白された。よくわからないので適当な理由をつけて宿に戻った。この愛の告白の狙いはなんだ!?
posted by さら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国(東) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。