2006年07月01日

ナイアガラ・フォールズ Niagara Falls

23:15ニューヨーク発−−−7:00バッファロー着
11:30バッファロー発−−−(カナダ入国手続き)−−−12:15ナイアガラ・フォールズ(カナダ側)着(何時間延着しとるんじゃ!?)

バッファローですぐに接続するバスがあったのに、早いもの勝ちで5人位だけ乗せて、残りの人たちは運転手が来ないという理由で4時間位待たされた。アメリカってこういうところなんだと思った。この延着のせいで一泊余計にするはめに遭った。


(宿)
Niagara Falls Backpackers International ★★★★☆
ドミトリー二泊(朝食付き)$44。 初日は男女混合の部屋でした。
ネットができるPCが一台、玄関横の部屋にあります。交代で使用します。
古いんだけど小さなお城って感じの建物でした。
お風呂にはバスタブがあって、久しぶりにいい気分でつかりました♪
ここの奥さん、おじさんもいい人でした。

※この宿から少し歩いたところにユースホステルもあります。


(観光)
宿から歩いて40分くらいのところにナイアガラの滝があります。

グレート・コージ・アドベンチャー・パス $40.97
カナダ側の総合パスで、首賭けのチケット入れがもらえ、
・ピープルムーバ(周辺を走るバスを一日乗車できる日替わりシールが付く)
・ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ(滝を裏側から見るが、期待外れ)
・霧の乙女号(滝の下まで行く船、びっしょりになるけど乗るべき船!!)
・ホワイト・ウォーター・ウォーク(滝の下流の荒狂う川を横から見て歩くだけ)
・蝶観察館(館内が蝶だらけで楽しいかも)
が体験できる。ジャーニーなど混みそうなものは現地で先に時間予約するべし。
花時計は大したことなかったけど、手前に見えた発電施設?の方が迫力があった。

アメリカ側へ渡るには
・入国カードに$6。と橋の通行料$0.5。
・入国カードを作ってある人は、橋の通行料$0.5。
テラピン・ポイントなどから、滝の落ちるさまを真横に見るのもいいです!

夜の滝のイルミネーションは美しいですよ。
偶然祝日だったため、一緒に花火も見ることができました。

「地球の歩き方'05~'06」より、ピープルムーバの駅数が増えていて、地図の番号が実際と合っていません。
シールのない日でも混雑している時は乗れちゃったりして…。

※私の意見ですが、
カナダ側のパスが内容より料金が高いと思えました。
アメリカ側のパス、パスポート・トゥ・ザ・フォールズの方が、より滝と触れ合う感じに見え、楽しめると思えました。
そして、周りは観光化されすぎているので、滝を見るだけか、霧の乙女号だけにしてもいいのかもしれません…。

posted by さら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オンタリオ州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。